視点を変えた方法で治療が出来る漢方薬

西洋医学での治療が多くなっている現代医学、もちろん西洋医学は非常に優秀ですが西洋医学で治せないものも多いのは事実です。そんなときに出番の漢方医学、この二つの医学の違いと共に、漢方薬で治療ができる代表的な病気をご紹介いたします。

西洋と漢方の違いはどんなところか

漢方薬局 沖縄

風邪などで病院にいった場合、圧倒的に多いのが西洋薬の処方です。
そのためどこか漢方は影が薄いものとされていますが、実際そんなことはなく西洋薬では治せないような病気でも漢方ならば対処出来る、そんな場面も多くなっています。
つまりは漢方薬、西洋薬は適材適所というべき使い分けが肝心となっており、また今まで外来で漢方を処方されたことが無いという方はいるかもしれませんが日本ではほとんどの医師がいままで漢方薬を処方したことがあるほどに、医療現場でも重要視されているものとなっています。
そんな漢方と西洋、これらは使い方が違っています。
まず西洋薬は、検査などを通して原因をしっかり突き止めた際によく効く薬という認識です。
たとえばこの菌が悪さをしている、またこの部分に異常がある、そうした原因を突き止めている場合、西洋薬はその真価を発揮します。
西洋薬はピンポイントでの治療に特に特化しているものであり、事前にしっかり診断をしてからその部分に効く薬をいくつか処方する形で病気を治していきます。
逆に漢方薬は、勿論西洋薬で直せる分野もありますが、本当に強いのは「原因がうまく突き止められなかった」場合にあります。
身体全体を見て処方される漢方薬は一つの薬に幾つもの生薬が配合されています。
そしてこの生薬は症状が一緒でも個人の体質によって全く違う薬が処方されるなど、患者様一人一人の身体に寄り添った処方をされるという特長があります。
その処方のためにも少しずつの調整も必要で、長丁場になる場合もありますが、だんだんと体質を見極めていき、コミュニケーションをとりながらしっかり調整していくことで、いままで治らないとあきらめていた症状も改善されたという結果も得られています。
勿論ゼロから考えていくわけではなく、漢方自体歴史が長いものです。
そのため四診という方法でまずは大体のものを見極め、そしてそこからコミュニケーションを経て患者様だけに効く薬を調合するなどができます。
西洋薬はこれが出来ないことが多く、ピンポイントで患部を治すのではなく身体全体を見ながら薬をあわせていくという方法で解決していきます。
もちろんこれら漢方も保険が適用されるので安心です。
西洋医学では治せないものも漢方を利用することで症状を緩和させたり治すことができる場合もあります。
身体は全部繋がっているもの、ピンポイントの医療では見えない部分からも治していくことで検査を通してもわからなかった疾患を治すことができる場合もあるのが漢方の特長です。
漢方を過信することもあまりおすすめしませんが、西洋医学で緩和などできなかった場合次の出番として漢方を利用するのは症状緩和、治療においておおいに有効であるということも認められています。
特に不調の部分が曖昧になりやすい女性特有の疾患などに有効なので、女性専用の漢方サロンもあるほどです。
特に精神の面に効く漢方はおおくなっているので、もし曖昧な不調だけど辛い症状がある場合、漢方薬に頼るのも十分有効な手段となっています。
いままで治らなかった慢性的な不調にも有効である場合が多いので、もし慢性的に抱えている原因不明の不調がありましたら、漢方薬の処方を受けるのがおすすめです。
調整を経て自分に合った不調を改善するお薬を処方してもらえます。

諦める前に漢方薬を試してみる

漢方薬局 沖縄

漢方薬は西洋医学で諦めていた症状に効くことがあり、代表的なものでアトピー、不妊、血圧、自律神経の悩み、更年期の悩みです。
特によく聞くのはこの中でも更年期障害、テレビのCMでも漢方薬が宣伝されています。
これらは西洋医学でも勿論対処できる部分はありますが、完璧とはいかない難しい症状です。
直接命の危険につながる症状というわけではありませんが、これらに悩まされている本人は毎日辛い思いをしています。
特に近年、アトピーをもっている子供が増えており、20歳以下のおよそ10人に1人が悩まされています。
一日中続くかゆみや痛みは日常生活において辛いことも多く、また子供に多いものなので痛々しいその箇所は親にとっても辛いものがあります。
いつ治るのか、いつまでこれが続いてしまうのかなどの不安に悩まされる親御さんも多いです。
漢方薬は飲みにくく、子供に不向きに思うように感じますが、中には飲みやすく工夫されているものもあります。
そして胃腸が弱く西洋薬が向かなかった子供にも安心して服用してもらえるような、そんな漢方薬もありますので副作用の心配もなく治療を行うことができます。
更年期や自律神経の症状も同様で身体の内部からコントロールしていき、治療していくこれらの方法は漢方薬特有の良さといえます。
西洋医学はぼんやりした症状や広範囲に一気に効くような医療ではなく、そうした治療ができるのが漢方薬の本領です。
直接的な効能ではなく万遍なく身体の内部に効いていき、その効果で不調が改善していくのが漢方薬の特長となっています。
ピンポイントに原因が突き止められていない、または西洋薬では体に合わずに治せずにきた、そんな方も漢方薬に頼ることで治すことができることがあります。
諦める前に漢方薬の処方を受けるのがおすすめです。

漢方薬は絶対に安全なのか?副作用などは?

漢方薬局 沖縄

漢方薬は自然の恵みで作られており、身体にどこまでも優しいように感じます。
副作用もなく、即効性はないけれど飲み続けていれば効いていく、だけどとても飲みにくい…そんなイメージが強い声が多いです。
ですが漢方薬も西洋薬と同じ薬には違いなく、副作用もあれば飲み合わせの都合もあります。
そのため素人判断で同じ症状の人の漢方薬を飲んでしまった場合、全く効かないこともあれば逆に不調を引き起こしてしまう、そんなこともあるので要注意です。
自然の恵みと聞くと身体に優しく感じますが、自然界には多くの人間にとっては毒の物も溢れかえっています。
ナチュラル思考などで過信しがちですが、漢方薬はどれを飲んでも必ず安心、というわけではないのできちんと処方を受けるようにするのが一番です。
この漢方医学、中国から伝わったように感じます。確かに生まれは中国で日本に伝わったもの、そしてそのまま日本でも発展していったものです。
つまりは日本人の身体に合った医療です。
そのためきちんと身体に合った処方をすると日本人にとってとてもよく効く薬には変わりないのです。
日本の風土、日本人の体質に合わせて独自に発展していき、現代でも多用されているのが漢方医学です。
ピンポイントに強い効能を発揮するのは西洋医学なので、西洋薬でサクッと治せるものに関しては西洋薬を利用するのがおすすめです。
しかしそのピンポイントの治療法ができない、あるいは西洋薬が身体に合わない、そんなときは漢方薬の処方を受けるようにするのがおすすめです。
医師による処方も勿論受けられるので希望を出すことも可能、また漢方ラウンジという漢方薬を専門的に扱っているところもあるのでそういったところを訪れるのもいいことです。
また西洋薬同様漢方薬も保険が適用されるので、負担も少なく漢方薬での治療を行うことができます。